ダイオードレーザーのしくみ

医療脱毛で使われるダイオードレーザーですが、脱毛だけでなく皮膚の様々なトラブルの治療にも使われているのはご存知でしょうか。

ダイオードレーザーは、メラニン色素に反応するのでしみやくすみ、ソバカスの治療に使われているのです。

ダイオードレーザーでシミやくすみ、ソバカスを治すしくみは、黒い色素(メラニン)に反応させ、軽い熱傷を起こすことでコラーゲンの再生が高まります。

そして肌の再生(ターンオーバー)を早めるのです。しみやソバカスは茶色の部分が濃くなって盛り上がりますが、1週間から10日後にはがれ落ち、きれいな肌になります。

ソバカス治療治療の方法は

ケガをしてかさぶたができた後、それがはがれた肌はきれいですよね。それと同じような考え方です。

ダイオードレーザーをソバカスに当ててわざと肌に傷を起こさせているのです。

ソバカスで悩んでいる女性は多いですよね。もう治らないものだと諦めている人も多いかもしれません。

メイクで隠したりするのも大変ですから、ダイオードレーザーでの治療を検討してみてはいかがでしょう。

だいたい、施術は5回から6回、4週間に1度の頻度で行います。効果には個人差がありますが、短時間ででき、治療後もすぐにメイクができるので誰にも気づかれずに治療できますよ。

概要

医療脱毛で使われるダイオードレーザーですが、脱毛だけでなく皮膚の様々なトラブルの治療にも使われてい…

ページのトップへ▲